SEO対策ナビ

メニュー

SEO対策とは?

SEO対策と聞くと、どういったイメージがありますでしょうか。過去には、

という手法が一般的でした。しかしもうそれも十年以上の前の話です。こういった方法は現在では効果がないばかりか、逆にペナルティの対象となってしまうこともあります。ペナルティの対象になってしまった場合、順位が大幅に下落してしまったり、検索結果に表示されなくなるというもありえるのです。

SEOの対策はどのように変化したのか。

検索エンジンというのは往々にして「良いサイト」を上位に掲載したいと考えています。というのも良くないサイトを検索結果に表示したところでユーザーが離れていってしまうからです。そうなると検索エンジンの重要な収入である広告収入を得ることができなくなってしまいますよね。

では、「良いサイト」の条件とは何なのでしょうか。それは、少なくとも同じワードが大量にひとつのページに散りばめられているサイトのことではありません。あるキーワードで検索して来た人に対して、問題や疑問の解決に繋がるかどうかが重要なポイントになります。つまり、

といったことなどが重要になってきます。

信ぴょう性があるとは?

書かれている内容が間違っていたりでたらめだったりしては、そのコンテンツは価値が低いと言わざるを得ません。そのため、執筆者が有名な専門家である等すれば、その記事は信ぴょう性が高いという評価を得られます。

わかりやすさとは

内容がまとまっておらず、読みにくかったり、何が言いたいかわからないコンテンツも決してよいコンテンツとは言えません。

情報の豊富さ

情報はわかりやすければそれだけで良いのでしょうか。答えはいいえです。決してそんなことはありません。他のサイトには無いような多くの豊富な情報があるほど、良いサイトであると評価されることにもつながります。

つまり多くの情報が、わかりやすく、まとまっていることが重要になるのです。

オリジナリティ

ネット上に文章を掲載することは、誰でもできるからこそ、誰かの書いた文章を参考に書いていたらどうしても似たものになってしまったり、場合によってはほぼコピペといった事が発生するのも日常茶飯事です。そういった既存のものと似たり寄ったりのコンテンツは結局のところあまり評価されません。出来る限り、他のサイトと差別化したコンテンツにするなどの工夫が必要となります。

それは、文章を自分の言葉で書くという意味だけではなく、コンテンツそのものの切り口がオリジナリティあるものとしても良いのではないでしょうか。

今このサイトに来られた方は大半の方がSEO対策が何かは分かってらっしゃる事でしょう。SEO対策とはヤフーやグーグルなどの検索エンジンにおいて、いかに自分のサイトをねらったキーワードで上位に表示させるか。です。ネットショップ、自社の宣伝サイト、個人のブログ、地元チームのホームページ。誰もがサイトを見てもらいたくてHPを作っているわけですから、HPが完成した後、なかなかアクセスが少ない。もっとたくさんの人に見てもらいたい。と思い始めたころにSEO対策について興味を持ち始めるのです。このサイトでは極端に難しいSEO対策はご紹介していません。誰もができるSEO対策を紹介しています。ぜひこのサイトを有効に活用し、サイトの活性化に努めましょう。

SEO対策というのは日々そのアルゴリズムが変化したりすることがあります。例えば2018年前後から、Googleではアップデートを従来よりも頻繁かつ柔軟に行うようになり、その結果として何が完全なSEO対策となるのか、順位アップを確実に実現する方法というのは何なのか、そういった疑問に対する答えは未知数のものとなりました。しかしSEOの本質というものは不変なのです。それはユーザーにとって有用なコンテンツを適切に用意することを大前提にしつつ、今でもリンクなどは重要な要素になっています。小手先だけのテクニックにとらわれず、芯のあるSEO対策を行うのがベストなのです。

SEOの極意とはまさに、良質なコンテンツを生み出す事にかかっていると言っても過言ではありません。オリジナルの良質なコンテンツであれば、Googleもそれに応じた適切な評価をしてくれるはずなのです。

SEO対策テクニック