SEO対策ナビ

物を売るならヤフー。情報を売るならグーグル。

貴方が今必死にSEOに取り組んでいるサイトはどのようなサイトでしょうか?いわゆるネットショップでしょうか?それとも何かのサービスを提供する会社のホームページでしょうか?タイトルにも書いたとおり、自分のサイトがどのようなサイトか。どのような人に見に来てもらいたいかによって、攻略するべき検索エンジンは違うと思っていいでしょう。もちろんヤフーとグーグル両方で一位を狙えるのであれば、それに越した事はありません。ただ、どちらの検索エンジンにも個性があり、SEOの対策方法も違えばそれによってやってくるビジターのタイプも違ってくるのです。
検索エンジンのSEO対策の違いは前回で述べましたが、ではそれぞれの検索エンジンを使うユーザーの違いを見てみましょう。日本での場合、いまだに検索エンジンの使用率トップはヤフーです。そして、ヤフーほどではありませんが、同様にユーザーが多いのがグーグルとなります。ネット上の調査ではPCの初心者は基本的にヤフーユーザーが多く、PC暦の長い人はグーグルをよく使う傾向にあるようです。
このような事を踏まえたうえで言える事はタイトルの通り、物を売るならヤフー、情報を売るのならグーグルでの検索上位を狙うべきと言えるのです。自分のサイトにあったSEO対策をする事が実際のサイトを通しての利益に繋がるのだと言えるでしょう。