SEO対策ナビ

内部リンクの重要性

さて、前回も述べたように、コンテンツ充実の重要性はわかっていただけたでしょう。では内部のコンテンツが充実しているという事を検索エンジンはどのようにして理解するのでしょうか。まず基本的にはサイト内のバリュー。つまりはページ数ですね。まずトップページから内部に向けられたリンクがどれだけあるかがポイントとなります。
これはただページが多いだけでなく、トップページから直でいけるページがある程度あればそれはサイトを観覧する人から見ても、サイトユーザビリティーの面から非常に使いやすいサイトとなります。多いコンテンツにアクセスしやすいという事は検索エンジンから見ても同様に、認識しやすいページとなります。
そして、トップページから直接張られたリンク先は重要度も高いと認識され、ページランクでの評価も必然的に高くなります。そして重要なのは、その各ページからきちんとトップページへのリンクを張っているかという事です。ページランクを理解されている方ならわかると思いますが、ページ内にあるリンク先にはそれぞれそのページのページランクに応じて、被リンクとして評価がつきます。これは自分のサイト内からのリンクにおいても、同等の価値があるのです。そして、一般的な被リンクと同様にテキストリンクの効果も十分に見込めるのです。ですからトップページへのリンクは「トップへ戻る」でリンクするのではなくて、「東京のラーメン、ファースト亭トップへ」としてリンクを張るべきなのです。さて、貴方のサイトはいかがでしょうか。
「トップへ戻る」になっていませんか?これを修正するだけで驚くほどSEOの効果は上がる事でしょう。