SEO対策ナビ

内部SEOの重要性

一般的にSEOといえば被リンクを増やす。つまり相互リンクを増やしたり、検索エンジンに登録したりといった事が重要とされています。もちろんページ内部のSEOに関しても、ある程度は対策している。という方も多いでしょう。しかし、その内部SEOは果たして十分なのでしょうか?内部SEOは非常に複雑です。まずキーワードの比率を見てみましょう。とりあえずキーワードを多く並べれば良いわけではありません。特にヤフーなどは被リンクよりも、内部のキーワード比率を重要視しています。それでは内部のキーワードの比率はどれ位が良いのでしょうか。私の調べた結果ではヤフーでは10パーセントから12パーセントがベスト。グーグルでは8パーセントから10パーセント程度に抑えるのがベストです。
そして、次に重要なのが、自分が一番重要とするキーワードがページ内に10パーセントだった場合、その次に重要なキーワードの比率です。たとえば最重要キーワードが「ラーメン」だったとしましょう。そしてその次に入れたいキーワードが「東京」だったとします。

ページ内の「ラーメン」のワード比率が10パーセントだった場合に「東京」のキーワード比率も10パーセントだったとしましょう。これでは一番重要である「ラーメン」のキーワードとしての検索エンジンからの認識度も低くなってしまうのです。もちろん「東京」も重要なキーワードであるのならば、ある程度パーセンテージは多くする必要はありますが、この変の細かな兼ね合いを研究し、いかにしてページのキーワード比率を極めるかが、基本的でありながら、非常に重要なseo対策となるのです。